【フィッシングショー2018】日本のダイワのタトゥーラ(スピニング)は真っ黒ではなかった

タックル 1月 25, 2018

しばらく前から「釣りしてぇ〜」が口癖になってしまっている筆者ですが、
先日、一人で釣りをしている最中に「釣りしてぇ〜」とつぶやいてしまいました。
いよいよか。と思いました。

スポンサーリンク

フィッシングショーに行ってきた

ジャパンフィッシングショー2018 in 横浜に行ってきました。
最終日に行きました。
初めて行ったんですが、楽しいですね!
帰るころには物欲・釣欲MAXになってしまいました。
フィッシングショー関連の記事は書くつもりはなかったのですが。

タトゥーラスピニングが気になって

今回特に気になっていたプロダクトがありました。

ダイワのスピニングリール「タトゥーラ」です。
18イグジストや18カルディアは結構話題になってるような感じがしますが、タトゥーラスピニングはその影に隠れているような。

USダイワのTATULA LT

なぜ気になっていたかというと、このタトゥーラスピニングは既にアメリカで発売されています。
TATULA LT」という名で。

そう!ブラックカラー!

常日頃から「手の届きやすい価格で黒くてカッコイイリール」を探しているんですw
真っ黒いスピニングリールってあんまり無いんですよね。
シマノのエクスセンスは真っ黒で超かっこいいですけど値段がアレですし。

黒いベイトリールをくれ【新リール購入についてアレコレ】

タトゥーラだったら手頃な価格で出してくれるんじゃないかと。

ちなみにUSダイワのタトゥーラLTを入手しようとなると、送料等で割高になってしまいます。
それに、糸巻き量がトゥーマッチ。

日本版Webサイトによると

しかし日本版ダイワのウェブサイトに掲載された画像はシルバーのパーツが増えている。

あらら。。

これはフィッシングショーで実物を見たい。

日本版タトゥーラスピニングの実物は

さてフィッシングショー。
ダイワブースにやはり鎮座してありました。

*製品の写真を一つも撮っていないのでhebinumaさんの画像を使わせていただきます。

赤が入っている!!!!

なぜだああ・・・

ウェブサイトではシルバーだったお尻の部分のパーツは黒に戻ってますね。

配色的にUSダイワのバリスティックLTに近い感じですね。

日本のダイワは17イージスも赤だし、バス釣り向けラインナップとしての差別化として赤をデザインに落とし込んだのでしょうか。
それか、新しくなったブレイゾンと合わせてヨ!ってことでしょうか。

ん〜惜しい。
性能と値段と黒さでかなりイイと思いましたが、黒さポイントが下がってしまいました。

発売予定時期は2018年の5月。

ちなみにUS TATULA LTはNESTさんで買えます。
値段が・・・。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【USダイワ】 タトゥーラ LT スピニングリール / Tatula LT Spinning Reels
価格:34560円(税込、送料別) (2018/1/24時点)

 

アブガルのRevo Xスピニングは無し

他に気になっていたスピニングリール。
アブガルシアで発表になったベイトリール「Revo X」のスピニングが海外では発売中です。
これが黒くてとてもイイ感じなんですが、スタッフさんに聞いてみたら輸入のアレコレの関係で国内発売はしないそうです。
んん、残念。

というわけで、偏った目線のスピニングリール新製品情報でした。